バイクを売却したい時の手続きとは

バイク販売店による買取りを利用する

バイクを売却する手段として、バイク販売店による買取りの利用があります。これには、『自身でバイクをお店に持ち込む方法』と、『販売店が出張買取りをしてくれる方法』の2通りがあります。バイクの状態によりますが、買取り金額がつくことがあります。単に役所手続きをして廃車にしてしまうのと違い、買取業者を利用することでお金が得られるメリットがあります。

販売店による買取りは、バイクの売買には慣れているので、書類手続きなどを確実に行ってくれます。

査定の時に必要なもの

業者や販売店による査定時には、『車検証』と『自賠責保険証明書』が必要です。他にも売買成立の際には免許証などの身分証明書や印鑑が必要になってきます。また、カスタムしている場合でも手元にノーマルパーツが残っていればそれも用意しておきましょう。すぐにパーツが準備できない場合でも、後日送れば大丈夫という場合もあるようです。

ただし、「車検証を無くしてしまった」という場合は業者側で再発行手続きなどの対応をすることは不可能なので、すぐに用意できない場合はあらかじめ伝えておくことが必要です。

書類は大事に取っておく

廃車手続きした車両の『廃車証明書』を紛失してしまった場合、証明書の再発行はかなり面倒です。例えば、元々の登録地である役所に出向く必要があります。再発行自体も時間がかかり、1日で済まないこともあります。廃車証明書を発行したバイクは役所に書類などのデータが残っていないので、書類は無くさないように保管しておきましょう。

また、自賠責、任意保険、車検証などの書類もしっかり揃えておくのが望ましいです。

コメントは利用できません。

お問い合わせ

こちらからどうぞ
Copyright 2018 モトショップミヨシ