排ガス規制に適合し復活!ヤマハ「SR400」が11/22に発売

従来の乗り味とスタイリングを継承

ヤマハ発動機は、2017年に生産を終了した「SR400」を、従来の個性はそのままに、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ11月22日より発売する。また、発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」も数量限定500台で同日発売する。

「SR400」は、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジン・シンプルかつ美しいスタイリング・キックスターター方式といった魅力を持ち、1978年の発売以後、熟成と深化を重ねた“SRらしい”個性が人気のロングセラーモデルだ。

新たな特徴は、
1)優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御の精度向上
2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用
3)音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラー
など。

なお、キックスターターやデコンプレバーなどは従来モデルから継続採用。カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させ、本質的な魅力を表現した「ヤマハブラック(ブラック)」と、リラックス&カジュアルな印象をアピールした「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」が設定された。

コメントは利用できません。

お問い合わせ

こちらからどうぞ
Copyright 2018 モトショップミヨシ