新型の原付二種レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」6月入荷予定!

CT125・ハンターカブは、「Super Cub(スーパーカブ)」シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルです。

CT125オフィシャルページ

当店では6月に入荷を予定していますので、ご予約いただければすぐにご用意できます。
ご興味のあるお客様は当店までお問い合わせください。

 

車体・足回り

スーパーカブC125のフレームをベースにリアフレームを延長。ヘッドパイプまわりの補強や、追加されたピボットプレートなどにより、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図っています。
一般的なモーターサイクルと同形状のトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークに、アップハンドルを採用。見晴らしの良いアップライトなライディングポジションとしています。
路面の凹凸がある不整地などの走行状況での車体取り扱い性を高めるため、アップマフラーやアンダーガードを採用するなど、165mmの最低地上高を確保しています。
ブレーキは前後にディスクブレーキを採用するとともに、フロントのみ作動する1チャンネルABS※1を装備。制動時の安心感をさらに高めています。
前後ホイールには、足まわりを引き締めるマットグレー塗装仕上げのスチールリムにステンレススポークを採用しています。

エンジン

ハイマウント吸気ダクト採用のエアクリーナーとアップマフラーによる専用の吸排気システムを採用。市街地での頻繁な発進停止や荷物積載時の登坂路走行から、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など、低中速域での力強さを重視した出力特性としています。

スタイリング

ボディー各部の面構成をシンプルに仕上げながら、アップマフラー、エアクリーナーカバー、フューエルタンク、大型キャリア、鋼板フロントフェンダーなどを過度に一体化させない造形とすることで、タフな印象と現代的な印象のバランスを図ったスタイリングとしています。
カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの全2色を設定。エンブレムには歴史あるHonda二輪プロダクトブランドであることを象徴する、オールドタイプのウイングマークを採用しています。

その他

全灯火器に、シンプルなデザインとしつつも存在感のある発光表現を可能とした省エネルギーで長寿命なLEDを採用しています。
容量5.3Lのフューエルタンクを採用。長距離ツーリングなどでの安心感をより高めています。
2人乗りに対応するピリオンステップを装備しています。
エンジン始動が簡単なセルフ式スターターに加え、キック式スターターも装備しています。
さまざまな荷物の積載に便利な大型リアキャリアを装備しています。

コメントは利用できません。

お問い合わせ

こちらからどうぞ
Copyright 2020